次へ


   に  と           る  す  り  な  な        特  か  以  は     
   多  あ        古  の  い   ` い  ど        異  れ  後  文  疊  
   い  り  八  や  事  は   ゜ く  で  俳  ふ  梅  な   ` は  学  音  
   よ   ` 重  く  記  な  し  ど  は  句  だ  一  存  純  文  と   ` 
   う  戦  垣  も  の  ぜ  か  い  な  や  ん  輪  在  粋  学  い  重  
   で  い  つ  た  須  だ  し  文  い  詩  着  一  で  に  か  わ  語  
   あ   ` く  つ  佐  ろ  古  章  が  な  で  輪  あ  あ  ら  れ  な  
   る  酒  る  出  之  う  い   `  ` ど  ふ  ほ  る  そ  は  る  ど  
    ゜  ` 其  雲  男   ゜ 文  き  言  で  だ  ど   ゜ び  む  分  と  
      恋  の  八  命     芸  れ  葉  言  ん  の     の  し  野  い  
      な  八  重  大     ほ  い  の  葉  の  あ     世  ろ  に  わ  
      ど  重  垣  蛇     ど  で  無  を  心  た     界  嫌  位  れ  
      に  垣  つ  退     か  は  駄  ダ  桃  た     へ  悪  置  る  
      関  を  ま  治     な  な  づ  ブ  の  か     と  さ  し  技  
      す     ご  の     り  い  か  ら  花  さ     移  れ  て  巧  
      る     み  折     多  形  い  せ           さ  る  い  は  
      場     に  の     用  に  に  る           れ  立  た  中  
      面        歌     し  な  な  方  綾  嵐     て  場   ゜ 古  
      に        に     て  り  っ  法  子  雪     い  に  そ  ま  
      特              い  や  た  が           る  置  れ  で  
                                                      
 

   第  
   一
   章
    
   音
   の
   遊
   戯
    
   |
    
   第  
   一
   節
    
   疊
   語
   ∧  
   一  
   ∨