次へ


   に  る     の  あ  恋  私     を   ┐ が        院  は  あ     
   は  こ  も  要  る  し  は  最  採  い  出        の  じ  り   ┐ 
   音  と  う  素  の  が  思  も  っ └   ど     ふ  幼  め   ┐ 恋  
   が  で  一  が  で  っ  う  字  た   ┐ こ  ゆ  た  時  だ  い └   
   字  あ  つ  強  あ  て   ゜ の  の  し  ろ  が  つ  の  と  ろ  の  
   を  る  の  い  ろ  い  こ  見  だ └   だ  み  文  作  も  は  隠  
   お   ゜ 疑  と  う  る  れ  立  ろ   ┐ と  文  字  と  言 └   語  
   さ   ┐ 問  思  か  相  は  て  う  く  も  字  牛  伝  う  の  に  
   え  教  は  う   ゜ 手   ┐ と   ゜└   言  と  の  え  が   ┐  ┐ 
   て  育   ┐  ゜ そ  は  徒  し     だ  う  ぞ  角  ら   ` い  牛  
   い └   ひ     れ  父  然  て     が   ゜ 君  文  れ  後 └   の  
   た  の └      だ  親  草  秀      ` 四  は  字  る  嵯  の  角  
   よ  重  で     け  だ └   で     何  つ  覚  直   ゜ 峨  見  文  
   う  み  な     に  か  六  て     故  の  ゆ  な     天  立  字  
   に  の  く      ┐ ら  二  い     二  文  る  文     皇  て └   
   思  希   ┐    謎  隠  段  る     つ  字     字     の  で  と  
   う  薄  い     あ  す  に  か     目  が           皇   ` い  
    ゜ な └      そ  必  あ  ら     の   ┐          女  全  う  
      時  で     び  要  る  だ      ┐ こ           政  て  の  
      代  あ    └   が   ゜ と     い └            門  の  が  
                             └                        
                                                      
 

   第  
   二
   章
    
   字
   の
   遊
   戯
    
   |
    
   第  
   一
   節
    
   字
   の
   見
   立
   ∧  
   二  
   ∨